離島引越し便ブログ

blog

初心者必見!東京から沖縄へのカンタンな車両輸送の流れ

「東京から沖縄に車を送りたいけど、どうすれば良い?」
「沖縄までの車両輸送代が、いくらかかるか知りたい」

こんにちは。沖縄車両輸送のアイランデクスです。

沖縄は車社会のため、東京から沖縄に引越しや、長期出張をするのであれば、自動車を持っていくことをおススメします。

このとき自動車を沖縄まで運ぶには、車両輸送会社にお願いをしてフェリー(船)で運んでもらうことが一般的ですが、初めての方だとわからないことも多いはずです。

そこで車両輸送「初心者」の方でもカンタンに、東京から沖縄へ自動車を送る手続きの方法や料金について詳しく解説します。ぜひ参考にしてくださいね!

※アイランデクスは沖縄本島や宮古島、石垣島など、離島を専門とした車両輸送会社です。離島に特化することで、業界でも最安の価格帯でご提供しています!

東京-沖縄間で車両輸送するときの料金表まとめ

東京から沖縄へ自動車を運ぶときには「車両輸送会社」を利用して、東京近郊にある港からフェリーで運ばれる方が多いです。

そこで、東京から沖縄まで自動車を「セルフ輸送プラン(※)」で運ぶときには、どれくらいの費用がかかるのかを次の表にまとめました!

※アイランデクスでは、「ご自分で」港に車を持ち込みいただくプランを「セルフ輸送プラン」と呼んでいます。

なお、最近よくお問い合わせいただく、宮古島と石垣島までの料金目安も記載しておきますので、参考にしてください。

■東京-沖縄間の車両輸送料金目安

※()内の料金は基本料金、赤字の料金がWEB割適応価格(税別)です。

那覇 新港 宮古島 平良港 石垣島 石垣港
軽自動車 48,000円
(52,800円)
75,000円
(82,500円)
77,000円
(84,700円)
軽トラック 48,000円
(52,800円)
75,000円
(82,500円)
77,000円
(84,700円)
普通自動車 55,000円
(60,500円)
82,000円
(90,200円)
86,000円
(94,600円)
ハイエース 55,000円~
(60,500円~)
82,000円~
(90,200円~)
86,000円~
(94,600円~)
原付バイク 35,000円
(38,500円)
41,000円
(45,100円)
43,000円
(47,300円)
小型バイク
(125cc以下)
35,000円
(38,500円)
41,000円
(45,100円)
43,000円
(47,300円)
中型バイク
(400cc以下)
37,000円
(40,700円)
44,000円
(48,400円)
47,000円
(51,700円)
大型バイク
(401cc以上)
39,000円
(42,900円)
46,000円
(50,600円)
49,000円
(53,900円)

 

このように車種・サイズによって料金は異なりますが、沖縄本島までなら大体35,000~55,000円ほどと、低価格でお車を運ぶことができます。

低価格で運べるのは、もともとアイランデクスは引越し屋さん*で、沖縄移住の際に、引越し荷物と一緒に車も送りたい!というお客様のご要望から生まれたサービスだからです。

*一般貨物運送事業者、第1種・第2種利用運送事業者

リーズナブルに東京から沖縄まで車を運びたい方は、アイランデクスにぜひ一度お問い合わせください!

※港へのセルフ持ち込みが難しい場合には、オプションとして代行運転をご利用いただくことも可能です。(詳しくは後ほど紹介します)

アイランデクスへのお問い合わせ・お見積りはこちら>>>

車両輸送をするときの流れ

では、東京から沖縄まで車両輸送をするときの流れを紹介します。

アイランデクスでは、次の3ステップで簡単にお申し込みいただき、沖縄へ自動車を運ぶことが可能です。

  1. WEBから「カンタンお見積もり」をする
    まずはパソコンやスマホからお見積もりをご請求ください(お申し込みフォームはこちら)。ご登録いただいた内容をもとに、お見積もり価格と、輸送のスケジュールプランをメールでご提案させていただきます。
  2. 返信メールから輸送スケジュールを選ぶ
    ご提案させていただいたプランから輸送スケジュールプランを選んでお申し込みください。お申込み時には「ナンバープレートor車体番号」「車種」などの情報もお伝えください(お見積もり時に未登録の方のみ)。
  3. 料金のお支払い
    お申し込みいただきましたら、出港日の5営業日前までに料金をお支払いください。料金のお支払いが確認できましたら、アイランデクスよりメールを送らせていただきますので、そのメールをもってお申し込みは完了です!

あとは出港日までに港へ自動車を運ぶだけ♪

アイランデクスでは、誰でも簡単に自動車を運べる仕組みになっていますので、初めてご利用いただく方でも、簡単に手続きができるように努めています!

なお、お申し込みの流れは以下のページで詳しく解説していますので、こちらも併せてチェックしてください。

沖縄へ車両輸送をするときの流れと注意事項を解説!>>>

東京から沖縄へ車両輸送するときのフェリーの発着港

東京から沖縄へ車両輸送をするときには「東京有明港」をご利用いただきます。

東京有明港の住所・最寄り駅・営業時間などは以下の通りです。

住所 〒135-0063 東京都江東区有明4丁目7 東西海運車両受付所
電話番号 03-6458-4633
最寄り駅 東京ビッグサイト駅から徒歩10分
持ち込み時間 出航当日:9:00~11:30(水)or(金)
※前日持ち込み:9:00~11:30、13:00~16:00(火)or(木)
引き取り時間 9:00〜12:00、13:00〜16:00

 

お客様ご自身で港まで自動車を運ぶ「セルフ輸送」の場合は、特に「持ち込み時間」に気をつけてください。

東京有明港の営業時間は午前9時から12時までですが、お昼前は混み合うことが多く、手続きを待っている間に12時を過ぎてしまうと、午後の作業開始時間まで待たなければいけません。

そのため、セルフ輸送で自動車を持ち込むときには、11:30までには港へ持ち込むことをおススメします!

なお、東京有明港は前日持ち込みも可能です。

ただし、繁忙期シーズン(2~4月)は、出発当日のみのお預かりになるケースもあるため、前日持ち込みをご希望される場合は、事前にアイランデクスまでご相談ください!

※代理人が持ち込むことも可能
お申し込みをいただいたご本人様が、港まで自動車を運べない場合は、代理人が持ち込むこともOKです。その場合は「申込者の氏名」「車種」「自動車のナンバー」が確認されますので、事前にお伝え忘れがないようにお気をつけください。

代行運転を依頼するときの料金目安

「仕事があるから、港まで自分で自動車を運ぶ時間が作れない・・・」
「到着してから、自動車を引き取りに行けないけど、どうしよう?」

このように仕事やプライベートな理由で、どうしても港へ自動車を直接運べないときには「代行運転プラン」をご利用いただくことも可能です!

代行運転プランでは、お客様に代わって、アイランデクスのベテランドライバーが、ご自宅から港まで(港からご自宅までも可)お車を運ばせていただきます。

具体的に、関東近辺で代行運転プランを利用するときの料金目安は以下の通りです。

持ち込み・引き取り港 地域 料金(税別)
東京有明港 23区 10,000〜16,000円
川崎市・横浜市・船橋市 13,000〜16,000円
千葉市・柏市・さいたま市 16,000〜19,000円
相模原市・大宮市・浦和市 19,000〜22,000円
川越市 24,000〜27,000円
那覇新港 那覇市・浦添市 8,000〜11,000円
恩納市 13,000〜16,000円

 

※沖縄到着後、目的地までの代行運転をご希望される方向けに那覇新港からの料金も記載しております。

通常の車両輸送の料金にプラスして、代行運転の料金をお支払いいただくことで、お手軽に自動車を運ぶことができます。

例えば、東京世田谷区から東京有明港に軽自動車を運ぶときは「車両輸送代(48,000円)+代行運転の料金(10,000~16,000円)」というイメージです。

詳細なお見積もり額は、お申込み時にご登録いただいた住所をもとに計算させていただきますので、お申し込みフォームのメッセージ欄に「代行運転を希望」とご記入ください。

アイランデクスへのお問い合わせ・お見積りはこちら>>>

東京から沖縄までは何日で運べるか?

車両輸送を利用するときには「何日くらいで沖縄に自動車が到着するのか?」ということも気になりますよね?

東京から沖縄(那覇新港)までは、大体3~5日で運ぶことが可能です(宮古島へは4〜6日、石垣島へは5〜7日ほど)。

例えば、4/1に東京有明港から出港する場合だと、4/4~4/6には那覇新港に到着するイメージになります。

沖縄までは数日で到着するので、すぐに沖縄で自動車を使いたい方にとっても安心です!

ただし、天候などによって、フェリーが欠航となったり、到着する日程が遅れてしまったりする可能性もあることだけは、あらかじめご了承ください(延着時の追加運賃・料金はアイランデクスが負担)。

ちなみに沖縄到着後には、お客様に港で自動車を受け取っていただきます(代行運転を利用しない場合)。

受け取るときには、自動車が沖縄に到着してから1~3営業日までは無料で取り置き可能ですが、それ以上となる場合には追加料金が発生しますので、お気をつけください。

運べないor料金が割高となる自動車もある!

ここで1つ知っておいていただきたいのが「車両輸送をしてもらえないor料金が割高になる」自動車もあるということ。

具体的には以下の自動車が対象です。

  • 改造車
  • 車高が地上から12センチ以下などローダウンされた車
  • レーシング仕様の車
  • 高級外車や特殊な形状の車
  • 特殊加工が施されている車
  • 特注生産車両で希少価値がある車
  • 盗難防止の特殊な装置が付いている車

このような自動車は料金が割高となったり、車両輸送をお断りさせていただいたりするケースもあります。

ただ、ご自身で判断するのは難しいかと思いますので、まずはアイランデクスまで車両輸送ができるかをお問い合わせください

高級車を運ぶときには別途保険へご加入いただきます
ポルシェやアストンマーティンなどの高級車を沖縄まで送るときには、別途保険にご加入いただいております。保険料は車体価値100万円あたり3,500円ほどですが、最終的な保険料は保険会社と打ち合わせをして決定させていただきます。

自動車を預ける前にやっておくべき4つのこと

自動車を港に預ける前には、次の4つを行っていただけると、安心・安全に車両輸送をすることができます。

  • 車内に荷物を積みすぎない
    自動車をフェリーで運ぶときには、運送会社の規定により「車内はからの状態にする」というルールになっているため、車内に荷物を積み込むのは原則禁止です。
  • ETCカードを抜いておく
    車載器に入れてあるETCカードは必ず抜き取っておいてください。また、給油カード、ガソリンカードなどの貴重品も車内に残しておかないように!
  • ガソリンを給油しておく
    フェリーに乗せるときには、運送会社のスタッフが運転をします。ガソリンが切れて自動車が動かせなくならないように、十分な量のガソリンを入れておいてください。
  • 車体の状態を確認・記録しておく
    輸送中の傷や凹みではないかを判断するために、自動車を預ける前には、車体の状態を確認して、スマホなどで写真を撮っておくことをオススメします。

このようなことを事前にやっていただくと、安心して車両輸送ができます

なかでも、よくご質問をいただくのが「車内に荷物を入れて送ることはできないか?」ということです。

車内に荷物を積み込むことについては、以下のページで詳しく解説していますので、こちらも併せてご確認ください。

【車両輸送】車内へ積載どれだけ積めるの?乗船拒否・トラブルになったケースをご紹介

自分で沖縄まで自動車を運ぶことはできる?

「車両輸送会社にお願いする以外に方法はないの?」
「自分で運べたら、コストを安く抑えられるのでは?」

と考える方もいるかもしれません。

実は・・・自力で沖縄まで自動車を運ぶことは、一応できます。

ただ、自力で運ぶためには、自動車を鹿児島の港まで運び、そこからフェリーに乗せて沖縄まで運ばなければいけません

というのも、人と自動車が沖縄まで一緒に行けるフェリーが出ているのは鹿児島の港だけだからです(涙)

仮に東京都世田谷区から、鹿児島(新港)まで普通自動車を運び、そこからフェリーで沖縄まで移動したときにかかる、ざっくりとした料金は以下の通り。

移動先 項目 金額 補足
東京から
鹿児島まで
高速道路代 19,260円(ETC) 走行距離は1350.9kmを想定
ガソリン代 12,480円 130円/Lで90Lの給油を想定
鹿児島から
沖縄まで
自動車
航走運賃
80,000〜100,000円 自動車のサイズによって異なる
旅客運賃 15,000円〜30,000円 何等席かによって異なる

 

※東京世田谷区から鹿児島新港までの走行距離はナビタイムで計測

このように合計で12万円〜15万円ほどかかってしまいます(所要時間は運転で15時間30分、フェリーで25時間ほどかかります)。

もちろん、ドライブが大好きで、時間がかかっても大丈夫という方は、自力で沖縄まで運ぶのもありです。

ただ、コストを抑えて、できるだけ簡単に自動車を沖縄まで送りたい方は、車両輸送会社を利用して、東京の港から自動車を送ることをおススメしますよ!

東京から沖縄へ車両輸送をしたお客様の声

最後にアイランデクスを利用して、東京から沖縄まで車両輸送をされたお客様の声を紹介します。

名前:あゆみさん
車種:軽自動車ワゴンR
プラン:セルフ輸送プラン
料金:48000円(税別)

ご感想:
車両輸送初体験。まずどこで頼もうか迷ったのですが、一番お安いこちらに問い合わせ。質問にも親切で丁寧なお返事頂き決めました。口コミでは多数の方が場所がわかりずらいとあったので、かなり不安でしたが、此方のサイトの地図と自身の地図を何度も確認して、実際行ってみとまようことなく、すんなり到着できました。お預けも引き取りもとても簡単で、アイランデクスにして本当に良かったと思ってます。また機会がございました時には、どうぞよろしくお願い致します。ありがとうございました。

名前:oku様
車種:普通車プリウス
プラン:代行輸送プラン(東京有明港〜八王子エリアまで)
料金:72,000円(税別)
内訳:海上輸送55,000円+陸送区間17,000円

ご感想:
沖縄←→東京有明間を数回利用しました。お問い合わせから申し込みまでメールで完結出来るのが良いと思いました。対応も迅速で分かりやすく安心でした。車両持込の場所が分からなかった際も丁寧に電話対応していただき、とても助かりました。価格も他と比べて安いですし、次回車輸送の機会があれば、また利用したいです。

まとめ

このページでは東京から沖縄へ車両輸送するときの料金や、手続きの流れなどを解説しました。大事なポイントをまとめると、、、

  • 東京から自動車を送るときには車両輸送会社を使うのがおススメ
  • 料金は35,000〜55,000円ほど(セルフ輸送の場合)
  • 東京から輸送するときの出発・到着港は有明港
  • 港へ自動車を運ぶときには、持ち込み時間に要注意
  • 東京から沖縄へは3〜5日ほどで到着する
  • 運べないor料金が割高となる自動車もある
  • 自力で沖縄まで自動車を運ぶこともできるが、コストや体力的な負担は大きい

このようなことを知っておいていただければ大丈夫です♪

沖縄専門の車両輸送会社であるアイランデクスでは、リーズナブルかつ簡単に東京から沖縄まで自動車を送ることができます

まずはお気軽に、お問合わせ・お見積もりをご依頼ください!

アイランデクスへのお問い合わせ・お見積りはこちら>>>

人気記事

  1. 車内積載について
    【車両輸送】車内へ積載どれだけ積めるの?乗船拒否・トラブルになったケースをご紹介
  2. 沖縄へ車両輸送をするときの流れと注意事項を解説!沖縄へ自動車を送りたい方へ
  3. 【新型コロナ】離島の入島制限・自粛の情報まとめ(沖縄本島含む)