離島引越し便ブログ

Uncategorized

宮古島ワーケーションでおすすめの会議室は?

いろんな離島や地方が「わが地をワーケーションにぜひ」と押し出している昨今。

弊社ともゆかりの深い「宮古島(沖縄県)」もワーケーションを押し出している島の一つです。

今回、宮古島でアイランデクスの総会(ビジョナリーキャンプ)を実施するにあたり、適した会議室を探していて、多くの宮古島のビジネスマンから意見を頂戴したので、このブログにまとめておこうと思います。

前提条件:
・今回のワーケーションは、クローズド。外部から参加者を募らず身内だけで行います。
・ワーケーション中は、むしろネットを使った「作業・実務」は行わないことにしていて、会議室のネット環境は重要視していない。(オンライン会議も行わない)
・人数は15~20名程度。うち12名は島外スタッフで、伊良部島のワーケーション宿(ヴィラ・サナハマ)に全員で泊まる予定。
・ゆんたくに適した座敷みたいな施設じゃなく、今回はしっかり目の会議室を探しています。(みんな離島とか田舎に住んでいるスタッフばかりなので、ワーケーションに「のんびり感」を求めていない)
・欲しい設備:プロジェクター、マイク、机、イス、ホワイトボード程度

今回利用することにしたのは「未来創造センター」から「howlive」に変更!

未来創造センターに決定するまでに調査した宮古島のワーケーション会議室事情はこちら(表1)。

こちらhowlive様に変更となりました。

(未来創造センター@宮古島)

こちら確定!
第一候補
第二候補第三候補第四候補第五候補除外
施設名未来創造センターICT交流センターJTAドーム宮古島マリンターミナル研修室howlive宮古島コワーキングMUGI
費用4800円(1日利用9:00~ 17:00)8800円(8時間利用)8800円(8時間利用)約2万円(平日小会議室1日利用)19800円29700円 20名までの1日利用)不明
収容人数スタジオ1:40名コワーキングスペース貸切で56名会議室1:最大10名 会議室2:最大100名20~30名程度20名まで10名程度?
住所宮古島市平良字東仲宗根807番地沖縄県宮古島市下地字上地472番39 下地庁舎3階沖縄県宮古島市平良字下里2511-35沖縄県宮古島市平良下里108-11.沖縄県宮古島市平良西里240-2 琉銀宮古支店5F沖縄県宮古島市平良西里465−1
電話0980-73-11230980-76-30760980-72-38800980-72-4876090-6869-6065070-4290-7133
特徴*空調代金(1000円/時間)が利用分発生
*市内とホテルからのアクセスが非常に良い
*日祝が休業日
*共用スペースを貸し切れればクローズドの会議が可能 (貸切ができるかは要問い合わせ)
*空調代金(500円/時間)が別途発生
*椅子・テーブル代金個数ごとに発生
*休館日:毎週火曜日、祝日、慰霊の日、年末年始 *空港アクセス最高
*参加者1名ごとにドロップイン料金3300円/人が発生。
*2021/5/24現在、会議室のみの利用はドロップイン料金がかからないようになったそうです!

*ネット環境は最も良いと思われる。
*会議室としての機能(締め切った会議室が無い)が 今回の条件にあわず、調査途中で候補から外した。
URLこちらこちらこちらこちらこちらこちら
概算料金
【20名2日間】
約25,600円 →実際には定員削減の割引で 14,000円程度でした。約17,600円約40,000円約40,000円171,600円
59,400円
未調査
候補選定の理由・価格の安さと、市内(ホテルと食事場所)のアクセスの良さ。
・40名定員の場所を20名で利用するくらいが、密にもならずちょうど良い。
価格や広さ、下地エリアは弊社はゆかりも多くて迷ったが今回伊良部島に宿泊することなど、今回は、車アクセスの面で未来創造センター劣るとは思いました。空港から何よりのアクセスの良さ。
会議室2(100名定員)が、今回の人数には広すぎました。
the会議室ということで、候補にはあがりました。二日で17万円を超える計算で予算オーバー。 少人数ワーケーションかもしくは オンライン会議が必須なら、候補に残ったと思います。未調査
表1:宮古島 ワーケーション用会議室比較表(2021.5)

他にもアトールエメラルド等のホテル会場も案に上がりましたが、費用も少し高く、大きすぎる会場が多かったため、今回の希望に合わなそうだったので細かい調査を進めていません。

ワーケーションを「未来創造センター」に決めた理由

1)価格と立地のバランスの良さ

価格も二日間(9:00~17:00)借りて25600円程度の比較の中では、最安の価格帯。しかも、コロナ禍で定員数半分しか入室してはいけないということもあり、会議室利用料が半額となり実際は14000円程度になりそうです。

また、東仲宗根(ひがしなかそね)の中心地に位置する立地も弊社にとってアクセスが良かったです今回宿泊施設の貸別荘(Villa Sanahama@伊良部島(いらぶじま))を利用予定で、伊良部島からのアクセスも23分程度。テイクアウトに利用しようと思っている飲食店も近くに多いです。

島外からくるスタッフがバラバラの車に乗ってやってくるので、ちょっとコンビニに寄ったり、夜のBBQに移動したりする際のトータルの便利さが、ICT交流センターと比較して勝りました。弊社の営業所はICT交流センターの近くなので最後まで悩みましたが、今回は未来創造センターを第一希望としました。

2)コロナ禍にも配慮した「ちょうど密にならない」サイズ感

今回弊社で利用する人数は15〜20名の予定です。20名定員の会議室では蜜すぎるため、ちょうど40名定員の会議室のある未来創造センターがベストでした。40名定員の部屋で椅子を一つ飛ばしで座ってちょうど良い人数。

アクセスの良さの面からJTAドームの会議室も迷いましたが、定員100名の部屋を使うには我々の人数では広すぎました。40〜50名規模の会議を行うなら、JTAドームが第一候補だったかもしれません。

3)facebookで「宮古島ワーケーションの会議室」として人気No.1だったこと

今回、この検討を進めるきっかけになったのが、facebookで下の投稿を私自身が行なったこととがきっかけでしたが、宮古島のビジネスマンやワーケション実施者が選んだNo.1の会議室が「未来創造センター」でした。

10名の宮古島のビジネスマンが「未来創造センター」を候補としてあげてくれました。こちらの投稿に、コメント19件のうち4名の方が、最終的に「未来創造センター」をオススメしていて、DMで直接ご連絡いただいた方6名の方も、空いているなら「未来創造センター」が良いのでは?という意見でした。価格や立地、広さ、綺麗さのバランスが良く、宮古島でワーケーションでも人気となる会議室のようです。

個人的には、howlive宮古島も非常に期待していたのですが、今回は予算が合いませんでした。少人数でオンライン会議が必須のワーケーションではとてもおすすめです。

「未来創造センター」の諸情報をアップ

(2021.5の情報です)

館内のイメージです。(写真は頂戴したもの)実際利用される際は直接問い合わせて、ぜひ一度内覧ください。

宮古島や離島でワーケーションを行う企業を応援したい

ワーケーションといっても定義は様々ですが、今回の弊社のワーケーションは、「会議室」を使用してビジョン共有を図ることが一番の目的でした。(コワーキングスペースはもっていないけど)コワーキングの理念のように、人と人とが繋がっていく仕事ができればと思っています。

同じように、スタッフ10〜20人で社内ワーケーションやビジョン合宿を宮古島や離島で行いたいという方はぜひ、お気軽にご相談下さい。

弊社のスタッフが常駐する離島、宮古島・石垣島・福江島・(これから壱岐島・対馬)では、なにかお困りなことがあれば貢献できることもあると思います。

なお、今回弊社も利用する「ヴィラ・サナハマ」を同じように、企業合宿で利用されたい方もいつでもご連絡ください。宮古島では価格帯もかなりリーズナブルな大型の貸別荘で、伊良部島・佐良浜(サラハマ)の絶景を眺める立地にあります。すでに多くの企業やフリーランサーからもご利用いただいていますが、鍵付きの個室も5室完備していることで、女性を含んだワーケーションに特に人気です。 ヴィラ・サナハマのサイトはこちら。

ウミガメと泳ぐシュノーケリング・リトリートや、SUPでマングローブ林をぬけるアクティビティなど、一風変わった企業研修としても利用いただいております。

人気記事

  1. 車内積載について
    【車両輸送】車内へ積載どれだけ積めるの?乗船拒否・トラブルになったケースをご紹介
  2. 沖縄へ車両輸送をするときの流れと注意事項を解説!沖縄へ自動車を送りたい方へ
  3. あつまれ離島引越し便
    【リアルあつ森】離島に引越したい・無人島に行きたい方への処方箋