離島引越し便ブログ

【学生寮】瀬戸内町 散策ツアーに行ってきました!

瀬戸内町の名所めぐりへ!

6月初旬の土曜日、学生寮が位置する奄美大島・瀬戸内町をより深く知るために、地域をめぐるツアーを開催いたしました。
対象はこの春から寮生になった、1年生の生徒たちです。

〈タイムスケジュール〉
10:00寮出発
10:15手安弾薬庫
11:00サキシマスオウの木
12:30西古見カフェ
13:30ナハンマ公園
14:00西古見観測所
16:00高知山展望台
-追加-
ホノホシ海岸
ヤドリ浜

瀬戸内町は東西28.8km、南北27.8kmと広大な地域にわたります。
海をまたいで加計呂麻島や与路島、請島といった島嶼も町域に含まれます。
今回は、奄美大島側の名所をまわってきました。

サキシマスオウオキ

「サキシマスオウノキ」は熱帯地域の植物で、奄美大島が北限。ここ瀬戸内町には奄美大島最大級のサキシマスオウノキがあります。
生徒たちもシマ暮らしの交流の中で奄美についての知識が身についてきているようで、生徒たちからこの木についての知識の披露もありました。

屏風のような巨大な根っこは板根と呼ばれ、高さ1Mにも及びます!

西古見集落

西古見集落では、山元まこと先生(元・校長先生)にスペシャルガイドツアーをしていただきました。
奄美大島や西古見の歴史、島の地形や自然のことなど、島民ならではのとっても貴重なお話をしていただきました。

観測所跡

旧陸軍の観測所です。日露戦争の際、戦略・戦術の要所として、要塞や砲台などの軍事基地がここに築かれたと言います。今はきれいに整備されて絶景スポットとなっています。
(山元さんが言うには、観測所跡は昔、移住して来た新婚さんが住んでいたことがあったらしいです🤭)

名所めぐりおかわり!ホノホシ海岸、ヤドリ浜

本来の予定では瀬戸内町の西側のみの散策で終わる予定だったのですが、
参加した生徒たちがすごく楽しかったようで、延長して町の東側の、ホノホシ海岸とヤドリ浜にも足を伸ばしました。
奄美の美しく雄大な海を眺めて、1日の旅程を締めくくりました。みんな大満喫でした!

充実の1日でした!

瀬戸内町の広さを実感し、歴史・文化・自然を直に見て回ることができて、生徒たちにはたくさんの刺激になった1日だと思います。
途中、山元さんのお宅にもお邪魔させていただいて、「シマの人のお宅にお招きいただく」という贅沢な経験も味わうことができました!山元さん、ありがとうございます。
最後に生徒たちから、「行って良かったの一言に尽きる!」との言葉をもらえて、コーディネーターも思わず笑顔がこぼれました。

今度はみんなで加計呂麻島にも訪れたいですね♪
よかったらシェアしてね!