離島引越し便ブログ

blog離島引越し総研

離島引越しRUNチームで奄美のhanahana100kmRUNを完走!

アイランデクスの離島引越し便チームで奄美の視察をかねて、100キロマラソン(駅伝方式)に参加してきました!
チーム名は「アイRUNデクス」。
お取引先や親族なども一緒に9名で、タスキをつなぎ、無事ゴールできました!

hanahanaRUNは第一回!奄美の新しい名物RUNになりそうです!

奄美hanahanaUltraRUN(アマミ・ハナハナ・ウルトラ・ラン)は今回が第一回。

ウルトラランの名前のとおり、100キロを走る大会ですが、競技会や公式大会ではないため、いわゆるハッピーランの大会。

記録にこだわるというより、奄美の自然にふれ、食にふれ、人にふれることができるとてもハッピーで暖かい大会になりました。

ふだん車で通過するだけの道路や、この大会がなければ気づかなかったであろう名所に、ゆっくり走るからこそ気づけた奄美の美しさがありました。

 

離島引越し便の「アイRUNデクス」チームは、チームTシャツで参加!

楽しい大会にするために、チームTシャツを用意して臨みました。

「人生に離島を」のキャッチコピーと、奄美大島の島が大きくあしらわれているTシャツを作成しました。

チームみんな、このTシャツをきて、タスキをつなぎました。

奄美とは思えないほど、最高の天気!

今回第一回のhanahanaRUNは天候にも恵まれました。

一年に370日雨が降る〜と言われるほど、屋久島に続いて雨の多い島と言われる奄美大島。

この大会中の2、3日は超快晴で、最高の天気でした。

朝は日の出前からスタートしますが、朝7時ごろの日の出はとくに美しかった。

 

日が昇ってからも、ご覧の通り青い空と海。

記録にこだわる大会でもないので、いい景色!と思ったら、スマホで撮影をしながら走る方が多かったです。

AmamiHanahanaUltraRUNを楽しむポイント2点

今回、hanahanaRUNにはいろんな工夫がありました。特に次回参加者には楽しみにしてほしいポイントを2つ記載いたします!

①奄美産のエイドがめちゃおもろしい!

マラソンに欠かせないのがエイド。(エイドは、栄養補給のための食べ物や飲み物です)

各CP(チェックポイント)で奄美産のさまざまなエイドが提供されました。

 

2月1日から解禁したばかりのたんかんや、豚汁(スームン)、イカの黒墨汁(マダ汁)、ジェラート、クリームパン、ミキ、黒糖、島豆腐。

島の名産品にふれながら100キロを走るのに付いて回るはとても楽しかった!(あくまで走者のご褒美なので、駅伝チーム全員が食べれるわけではありませんが^^)

②前夜祭は絶対参加すべき。

このhanahanaRUNのもう一つのオススメが前夜祭。

来年も開催されるなら、ぜひこの前夜祭から参加していただきたいです。

島酒や島ビール、島の食材の料理。そして最後には、「8月踊り」と「六調」で会を締めくくります。

この8月踊りと六調、結構なウォーミングアップになります。

注意してほしいポイント3点

今回参加してみて、逆に注意してほしいポイントもありましたので、忘備録がてら記載します。

①泊まる宿は笠利か龍郷地区で!

奄美大島のメインの繁華街が名瀬(なぜ)地区なので、名瀬にホテルをとりたくなりますが、この大会のときは笠利(かさり)か龍郷(たつごう)でホテルをとってください。そしてできればレンタカーも借りてください。

奄美大島は結構広いです。名瀬から笠利まで1時間弱程度かかります。大会中も各CPを車で往復することを考えると、笠利か龍郷にてホテルかゲストハウスを借りるのが賢明かと思います。

今回我々は、笠利・打田原の貸別荘 ラッキーハウスに泊まりました。
http://amami-lucky-house.com/

大会推奨の下記にも、次回は泊まってみたいです!

など

②携帯電話は常に肌身離さず!

今回ウチのチームでも困ったのが道に迷った時。すべての沿道に応援がいるわけではないので、道を間違えてしまうことがあります。

もし迷った時も携帯があれば、仲間と連絡を取り合って、ゴールに向かうことができます。

スマホで綺麗な写真を撮れるというメリットもあります。

③小型ライトを100均で購入しておいて!

今回のコース上に外灯は少なく、スタート直後の日の出前、レース中盤以降の日没後はとても暗くなります。
安全な走行のために前方用のライトはランニング用のヘッドライトを推奨します。後方用のライトについては主に車両に対しての認識向上のためですので、100円ショップなどに売っている点滅するライトなどでもかまいません。ご自身の判断でご用意ください。(公式ページの注意書きまま)

少なくとも、こちらくらいのヘッドライトがあってもいいと思います。(100均のSeriaにて)

 

2020年大会の概要

開催日 2020年2月2日(日)
開催地域 奄美大島北部全域
部門 【個人】100km ULTRA RUN/HUARACHE 100km ULTRA RUN
【チーム】TEAM 100km ULTRA RUN
制限時間 15時間30分
午前6時〜午後9時30分
ただし、チェックポイント要所に関門と制限時間を設けます。
※当初の15時間より30分延長しました
参加資格 18歳以上の健康な方 ※18歳未満は保護者の同意書が必要
募集人数 定員100名 ※応募者多数の場合は先着順

 

参加部門

【個人】
■ 100KM ULTRA RUN

単独で100km走行部門

■ HUARACHE 100KM ULTRA RUN

ワラーチを履いて100km走行部門

【チーム】
■ TEAM 100KM ULTRA RUN

2人以上のチームを組み駅伝形式で100kmを繋ぐ走行部門

 

参加費

100km ULTRA RUN/HUARACHE 100km ULTRA RUN 18,000円
TEAM 100km ULTRA RUN 18,000円/チーム
※2人以上~
前夜祭 2,000 円

日程

2月1日(土) 午後1時〜午後7時 前日受付
午後5時〜午後7時 前夜祭
※前日受付・前夜祭会場:まーぐん広場
2月2日(日) 午前4時〜午前5時30分 当日受付
午前6時 大会スタート
午後9時30分 大会終了

コース

 

また、来年なんとか参加できるように、トレーニングに励みます!

 

 

参加者全員に、完走賞の賞状をもらいました!

人気記事

  1. 大阪南港車持ち込み
    大阪南港・アイランデクス車両の持ち込み方法まとめ
  2. 離島引越し便【事例紹介】水牛でわたる島「由布島(ゆぶじま)」へのお引越し!石垣島から西表島からさらに島へ。
  3. コンテナ物語
    海上コンテナのサイズ|離島引越し総研