空き家、もう住めそうな感じに!

空き家事業

今年の3月ごろから着工した空き家プロジェクト、ずいぶん形になってきました。

この空き家プロジェクトは、関西の建築学科の大学生とそのOBが中心となって進んでいるプロジェクトです。

『空き家 × 建築学生』

・空き家:修繕しないと、いつ次の天災で壊れるかわからない。地域の景観を損ねる。など社会問題に。

・建築学生:就職先は、どこもブラック企業と言われる業界で、はやく独立するためのノウハウを貯めたい。
      修飾後は雑務に終われ、「現場」を経験することが限られる。
      また肝心の「独立の仕方」を教えてくれる人はいない。

空き家は、建築学生のために現場経験を提供し、建築学生・OBはそこで思い思いに腕を振るう。

いい相乗効果が起これば幸いです。

毎週1、2回の作業で、少しずつ進んでいます。

完成したら記念イベントしたいですね。

 

いずれは離島にも

内地以上に離島は空き家問題に悩まされています。

空き家はどんどん増えています。

地域の良さを残しながら空き家を修繕するお手伝いがいずれできれば嬉しいです。

 

07 / 22